20 ボランティア・人材育成プロジェクト~ボランティアに参加して世界をひろげよう~
目標
○市民意識調査(平成21年度)によると、「ボランティア活動の経験がある」市民は23.9%、「将来、ボランティア活動をしてみたい」と考えている市民は42.9%います。この現状を踏まえ、ボランティア活動を始める市民を増やすための仕組みをつくることを目標とします。
○福祉や子育てなどのボランティア経験者が環境まちづくりにも活動を広げ、福祉・教育・環境等の暮らしに関するボランティアの輪が広がることを目標とします。
内容
○環境まちづくりボランティア入門講座やリーダー養成講座など、実践につながる学習機会を設けます。
○ボランティア体験をポイント制(貯蓄型)として、必要に応じて支援が必要となった場合に受けられる仕組みや、地域通貨として活用できる仕組みづくりを検討、導入します。
○環境まちづくりに限らず、地域で支え合うという視点から、社会福祉協議会ボランティアセンターとの協力関係を構築し、ボランティアが新たな公共を担う仕組みをつくります。
○ボランティアで始めた活動が事業化され、コミュニティ・ビジネスとしても展開できるような仕組みをつくります。