14 ため池、清水・湧水再生プロジェクト~地域に息づく水辺と暮らしのつながりを取り戻そう~
目標
○ため池を地域の資源として、地域交流や遊びの場、自然とのふれあいの場に利用していくことを目標とします。
○外来種の駆除などを通じて、多様な在来の生き物が生息できる、ため池の復活を目標とします。
○高坂七清水など、市内の清水・湧水は貴重な資源であることから、これらを保全し、暮らしの中でいかしていくことを目標とします。
内容
○ため池の現状を把握するため、市内のため池見学会を開催します。
○ため池の水をくみ出して干す「かい堀り」、外来種の駆除や生き物調べのための魚捕り大会の実施など、ため池に親しむイベント「沼まつり」を開催します。
○地域の創意工夫による多様な沼まつりが開催できるようノウハウの集積及び情報提供を行います。
○ため池に関する自然や歴史、暮らしとの関わりなどを記録し、「ため池マップ」としてとりまとめます。
○清水や湧水の現況(分布位置、流量、利用実態など)を調べ、記録として保存します。