4 エネルギーダイエット作戦プロジェクト~みんなで楽しく省エネ、節電に取り組もう~
目標
 本市の「地域省エネルギービジョン」によると、一世帯当たりのエネルギー消費量は埼玉県平均よりも3%ほど多くなっています。また、京都議定書における「2012年度までに1990年度と比べて温室効果ガスを6%削減する」という目標を達成するためには、平成22年度までの5年間で、家庭でのエネルギー消費量を約11%、運輸部門でのエネルギー消費量を約7%削減する必要性があります。これらの動向を踏まえ、今後10年間で家庭でのエネルギー消費量を15%削減することを目標とします。
内容
(家庭での取組)
○学校や保育園を通じた省エネ学習の継続的な実施、待機電力削減や省エネナビの活用などによる節電、ウォーキングや自転車利用の促進やエコドライブの普及、公共交通機関の積極的利用などの具体的な取組を行います。
(家庭・地域での取組)
○緑のカーテン運動を推進し、夏場の省エネを徹底します。あわせて、節水の効果も踏まえ、雨水を暮らしにいかす取組を進めます。
(地域での取組)
○地域における省エネ活動と商店会の割引制度などを結びつける新たな仕組みを検討し、導入を進めます。
※緑のカーテンとは、建築物等の壁面をつる性の植物などで覆う緑化のことをいいます。これにより、窓から入り込む日差しを遮って、室温の上昇を抑制する効果があります。