1 ごみダイエット作戦プロジェクト~一人一日100グラム、家庭からごみを減らそう~
目標
本市の「ごみ処理基本計画」では、平成23年度を目標年度とし、平成18年度と比較して、家庭ごみを一人一日当たり86g(約8%)、事業系ごみを17%削減し、再資源化率を24.5%から30%以上にするとしています。具体的には、平成18年度一人一日当たり1,095.3gのごみ排出量を、平成23年度までに964.0gに減らすことが目標です。平成21年度には1,000gまでごみ排出量は減少してきましたが、この作戦では、さらに1日100gの家庭ごみの削減を目標とします。
内容
(家庭の取組)
○ごみ分別を徹底するため、家庭でできる具体的な取組を明示するとともに、この取組を試行するごみステーションをつくります。
(事業者との協働)
○販売事業者の協力を得て、マイバッグ運動の推進(レジ袋削減)や資源回収ステーションの充実などを図ります。
(地域の取組)
○市民活動センターや自治会館等のスペースに資源回収ステーションを設置するなど、ごみ減量モデル地区を設置します。